不動産の売却と業者選び

不動産の売却に際し、なるべく良い不動産屋を選ぶためにまず重要と言えることは、自分が売りたい物件に長けている不動産屋かどうかです。不動産屋にはマンションに強い場合や一戸建てに強い場合などいろいろありますので、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが大事です。加えて、全日本不動産協会といった何かしらの団体に加入しているか否かも、業者として信用を持てるかの判定の基準にできます。不動産を売ろうと考えている人はその際、必要なものとして印鑑証明と実印があげられます。なぜかと言うと、所有権移転登記という手続きを法務局で行う時に必要なので、買主の方は特にこの2つは必要ではありません。もし、買主がローンを希望するなら先述の件は当てはまりません。このケースだとローン会社に行く際、印鑑証明、それと、実印を持参しなければなりません。それから、連帯保証人を必須とするならその連帯保証人の印鑑証明と実印もないといけません。いよいよ不動産を売却する話がまとまって、既に契約が成立しているのに、手放したくなくなったり、別の買い手を探したくなったなどの心境や事情の変化で売却を取り消したいときは、契約破棄もOKです。とは言え、違約金の支払いが契約で定められていたり、貰ってあった手付金を返すにしても倍返しですから、留意の上で契約を結ぶことです。「今すぐ家を売りたい」と思っても、不動産物件は買主がすぐに見つかることはありません。それでは、不動産売却の期間は平均で何ヶ月くらいなのでしょう。通常、マンションで3ヶ月程かかり、戸建ての時は6ヵ月くらいが平均だと言われます。これはあくまで平均ですので、この期間内に売れるとは限りません。売却しようと日程を考えるなら、期間についても考える必要があります。不動産売買の契約書は課税文書の一種ですから、印紙税がかかります。契約書の記載金額によって印紙税額は異なり、高い場合は数十万円にもなります。さらに、売主側と買主側が別々に契約書を作成して持つ場合は、どちらも印紙代が必要になります。けれども、この際の税額は先ほどとは違う金額別の基準が設定されていますので、注意を怠らないでください。ネットの一括査定サービスは、不動産売却では非常に重宝します。どうしてかと言うと、査定を一社にお願いするだけでは、本来の相場がはっきりしないまま、物件を必要以上に安く売却してしまう結果になりかねないからです。そこで、一括査定サービスの利点を活かし、様々な業者が出した査定額を比べてみて、一番サービス内容がいいと思った業者に連絡してみるのが効率がいいですよ。少しでも安く買いたいのが買う側の本音ですので、最初に提示した価格で不動産物件の売買が成立するのは稀で、買主がいちゃもんといいたくなるような口実で価格を下げるようにいうことがほとんどでしょう。こういう場合は、相手の事情を考慮してみてください。新居になる場合、検討する際の熱意も違いますから、熟慮して購入を望んでいる人が大半ですから、相手にそれほど譲らなくても、売却が成立する公算が大きいです。不動産売却のときはその物件の権利書がなくてはならないものです。土地登記が完了していることを表すのが権利書で、正式な名称は登記済証です。もし、それを無くしてしまったり解読不能な状態になっても再発行は不可能です。しかし、土地家屋調査士の方や弁護士の方、司法書士を代理人として用意できれば、間違いなく本人であるという情報を提供することで対応可能です。一般的に気付くのが難しい欠陥を購入後に買い手側が見付けた時は、売り手側は瑕疵担保責任を負います。これにより、売り手側にその修繕を求めることができます。この適用期間は、売り手側が不動産会社の場合、最低でも2年間以上という規定があります。でも、いずれも個人の場合の取り引きでは縛りがなく、この期間については自由です。それどころか一切の期間を設けないことも珍しくありません。内覧というのは、不動産売却では、売買契約の有無を左右するカギといえます。売り手側が注意したいことは内覧の前に、買い手視点での不動産物件の確認を怠らないことです。普通、買手が探しているのは、明るくて広く、清潔感のある住み心地の良さそうな物件だといえます。内覧がマイナスにならないためには徹底した断捨離を行い、掃除も丁寧にするなど、お金をかけずにできることはしておくのがオススメです。あわせて読むとおすすめ⇒スマイスターの安全性チェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です